ビームなどのエフェクトの公開終了と利用規約について

概要

このゲームの光線の素材はアセットストアの「BasicBeamShot Free」を使用していました。

↓ページがないのでイメージについてYouTubeのプロモーションをつけておきます。

ただ、アセットストアではもう取り扱っていません

ライブを台無しにするアセットがシューティングゲームの光線になるのだから。

結構汎用性は高いですね。

今でも使えるのか?

  • 動作に関して

 おおむね問題はなさそうです。(ビームに関するバグは後々公開します。)

  • ライセンスに関して

使用許諾 標準Unity Asset Store EULA

また、アセットストアに記載されていたホームページでの記載は以下の通り

https://w.atwiki.jp/beamman/

エフェクト利用規約(2020/01/19 更新)

ここで配布されているエフェクトは全て

同梱のtxtに特に明記が無い場合、再配布や改造等、自由に行って頂いて構いません。

商用利用に関しては

政治利用、宗教活動、株式会社ゆにクリエイトに関わる案件に使用する場合に限り

1エフェクトにつき10万円の利用料を頂いております。

特に別途で規約などもないのでこのまま使用可能のようです。

ですので、もう公開はされていませんが、以下の手間がかかるため

  • 新しくスクリプトの制作
  • 新しいエフェクトの選定
  • ゲーム内の雰囲気の維持

このまま使用させていただくことにします。

まとめ

アセットストアは非常に便利ですが、利用方法に応じて別途規約が設けられる場合があるので留意して使用しましょう。

また、いくら無料だとしても自分の不足スキルを大幅に埋めてくれるので

作成してくれた方への感謝は忘れないようにしましょう。

以上を踏まえたうえでこのまま使用させていただくことにします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
vuniformity誰でもない人
トレンドの行く末を見守っている
仮名を名乗るエンジニア

ゲーム開発は仕事であり趣味である
プログラムだけでなく多種多様なスキルを数多く持つ

ゲーム開発は
ソーシャルゲームを開発運用の経験アリ
ゲーム以外にも経験アリ
Webサービス保守開発等に携わる

ゲームプレイの主な戦場は
FGO
FEH
MTGA
マビノギ
ここでは主にunityroomで公開しているゲーム作り直しの軌跡を綴っていきます