その1:自作ゲームのボスにアニメーションを導入する

前回のアップデートにてボスに攻撃モーションを導入しました。

今回はボスのアニメーションについて見ていきたいと思います。

アニメーションをするモデルの導入方法

アニメーションを導入するために今回はDOGAシリーズから直接エクスポートではなく、

Blender経由で以下の手順を踏みました

  1. DOGAシリーズからobj形式で出力
  2. Blenderで整形
  3. Blenderでボーンを挿入
  4. Blenderでアニメーションを編集
  5. BlenderでFBX形式で出力

ですので、今回変更されたボスはFBX形式になっています。

追加したボーンは若干いびつですがHumanoid準拠のボーンを追加しています。

こうすることで自作のアニメーションだけでなく、

アセットストアにあるHumanoid形式のモーション全般が使用可能になります。

Blenderのバージョンについて

Blenderの操作方法を記載してもよいのですが、

最新のバージョンではないため省きたいと思います。

バージョンが最新の2.93ではなく一つ前の2.83を使用しています。

バージョンが最新だとグラフィックボードとの相性が悪いせいか

コンソールが一瞬立ち上がった後、

私の環境「EXCEPTION_ACCESS_VIOLATION」と表示され強制終了されました。

グラフィックスドライバーの更新などもありますが

DOGAシリーズが動かなくと非常に困るので、

今回はBlenderのバージョンをひとつ下にダウングレード2.83で編集しています。

そのため、BlenderのUIが変更になっているため詳しい操作は今回省きたいと思います。

モーションの確認

ボスにアニメーションとボーンを設定しました。

モーションを自作するのもいいですがその前に汎用的にエクスポートしたモデルが

正しく動くか確認しましょう。

今回使用したモーションはこちらから。

定番のユニティちゃんを使います。

ちょうどモーションチェックに使ってくれと言わんばかりの

UnityChanActionCheck」という名前のアニメーションがありますので

使わせていただきました。

インポートしたアバターにセットしてみました。

その結果、こうなりました。

モーションがキャラクターに合っているかはともかく

うまく機能しているようですね。

まとめ

機体操作系かつメカ系のシューティングゲームでキャラクターのアニメーションでも、

ヒューマノイドロボットが登場する場合はHumanoid系のアニメーションを入れることは

頻発します。

アニメーション自体はゲームが豪華に見える要因の一つですので ヒューマノイドロボットだけでなく

他のものにも入れてみる価値は十分にあると思います。

次回は実際にBlenderで作成したアニメーションを入れてみたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
vuniformity誰でもない人
トレンドの行く末を見守っている
仮名を名乗るエンジニア

ゲーム開発は仕事であり趣味である
プログラムだけでなく多種多様なスキルを数多く持つ

ゲーム開発は
ソーシャルゲームを開発運用の経験アリ
ゲーム以外にも経験アリ
Webサービス保守開発等に携わる

ゲームプレイの主な戦場は
FGO
FEH
MTGA
マビノギ
ここでは主にunityroomで公開しているゲーム作り直しの軌跡を綴っていきます